美徳の不幸 part 2

Pity is akin to love.

四月病

四月になり、新年度の予算が下りる頃には「これからバリバリ本を買って読んでやるぞ」という「四月病」とも言える症状が出て、一気に本を買ってしまいがち。もちろん今はご多分に漏れず、五月病なのですが(笑)。ともあれ、この一ヶ月で購入した本をざっと羅列してみます。 

韓国立正佼成会の布教と受容

韓国立正佼成会の布教と受容

 

 昔からお世話になっている渡辺先生のご著書(この本のもとになった論文も以前いただいたことがある)。先生は今までブラジルや「満洲」など「移民社会」の動向を追っていらした方だが、今回は韓国における法華経系の立正佼成会をターゲットにした本をものされた。 

現代日本における自然葬の民族誌

現代日本における自然葬の民族誌

 

 これまた知り合いの金さんの博士論文の書籍か。彼女から日本や韓国における「自然葬」のお話を聞いていて、興味深いなと以前から思っていたので購入。

 

 

神聖天皇のゆくえ: 近代日本社会の基軸 (単行本)
 

 

宗教と社会の戦後史

宗教と社会の戦後史

 

恩師島薗進先生の本もまとめ買い。最後のものは、先輩の堀江さんが編者。どれもこれから心して読まねば。 

 

東日本大震災後の宗教とコミュニティ

東日本大震災後の宗教とコミュニティ

  • 作者: 星野英紀,弓山達也,川副早央里,星野壮,齋藤知明,小川有閑,??顕功,小林惇道,魚尾和瑛,藤井麻央,寺田喜朗,君島彩子,黒崎浩行
  • 出版社/メーカー: ハーベスト社
  • 発売日: 2019/03/07
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 これも宗教学者の論集。タイトル通り、東北におけるいくつかの地域のフィールドワークの成果。 

ミナト神戸の宗教とコミュニティー (のじぎく文庫)

ミナト神戸の宗教とコミュニティー (のじぎく文庫)

 

 以前、神戸の様々な宗教施設(正教会、モスク、シナゴーグ関帝廟)を巡ったことがあるが、それを思い出しつつ購入。 

科学者と魔法使いの弟子 ―科学と非科学の境界―

科学者と魔法使いの弟子 ―科学と非科学の境界―

 

これまた知り合いの中尾さんの新刊なので購入。  

 この小林先生という方、僕は存じ上げないのだが、タイトルで購入しちゃった。 

みんなで戦争 銃後美談と動員のフォークロア

みんなで戦争 銃後美談と動員のフォークロア

 

 青弓社のこの手の本は、買うようにしています。総力戦下の庶民のメンタリティの追求。 

原爆をまなざす人びと―広島平和記念公園八月六日のビジュアル・エスノグラフィ

原爆をまなざす人びと―広島平和記念公園八月六日のビジュアル・エスノグラフィ

 

 個人的な関心として、最近「トラウマ」とか「追悼」をどう考えるか、というのが常に念頭にあるので、この手の本を買ってしまう。知り合いの小倉さんが編者の一人。 

ヒロシマ・パラドクス―戦後日本の反核と人道意識

ヒロシマ・パラドクス―戦後日本の反核と人道意識

 

 これもタイトルで購入決定。ここでの「パラドクス」というのはヒロシマ(もしくはナガサキ)の経験が、「普遍化され」、米国の原爆投下責任や、日本の戦争責任がうやむやになってしまった事態を指すのであろう。

「主戦場」鑑賞

今日は、京都シネマにて、話題の映画、「主戦場」を鑑賞。早めに会場に行ったが、上演2時間前で既に20番台だったので驚いた。


ミキ・デザキ「『主戦場』ってどんな映画」:主戦場

ストーリーは、ざっくり言うと、「従軍慰安婦」問題に関して、「両陣営」の言い分を聞く、というスタイルだが、監督は当然右派(歴史修正主義派)には批判的。であるから、僕にとってはある意味「予想通り」の内容ではあった。様々なメディアで既に内容について言及されているが、この映画の肝は間違いなく、無防備なほどに自分の主張を垂れ流しにしている歴史修正主義派の面々の「顔」である。はっきり言えば、「醜い」としか言いようのない主張(レイシズムとセクシズムの悪魔合体)もそのまま彼等は「自分の主張は受け入れられるに違いない」という不思議な信念の元、開陳しているのだ。当然、会場内ではそういう場面になると失笑が起きるのだが(こんな映画を見に来るくらいの人々なのだから、こういう反応は当然)、悔しいことに、彼等の主張は、数々のバックラッシュという形でもって、現実に影響力をこの数年延ばし続けているのである。そういう意味で、いかに右派の連中が愚かな主張をしていて、それを会場で笑ったとしても、隔靴掻痒感が拭えない、というのも正直な気持ちである。

以前も、例えば小林よしのりのような人に対抗するためには「もっと声を大きく」とか「分かりやすく人々に」というスローガンが言われたときもあった(僕自身も人からそう言われたことがある。余計なお世話だったが)。しかし、歴史修正主義派の面々の主張が波のように襲ってきても、その波をどっしり構えて打ち砕くような硬い巌のような歴史的積み重ねをしてきた面々も、この映画ではしっかりと捉えている。具体的には、歴史学者の吉見義明先生、林博史先生、政治学者の中野晃一先生、そして日韓のアクティヴィストの人々。このブログや、僕がやっているツイッターなども、そういう言説の「主戦場」の一つだが、やはり、もっと違う「主戦場」はあるはずだ、との思いを新たにした、というのが、僕のこの映画に対する感想である。

恩師の本を中心に

今日は、新年度予算での初のお買い物。恩師の本を中心に気になっていたものを数冊買う。

文化形成史と日本

文化形成史と日本

 

 黒住先生にとって僕は不出来な弟子の一人に過ぎないが、僕にとっては忘れられない恩師。これまで先生が各所で発表された論文を集めたもの。こうしてみると、先生の幅広いパースペクティブが寄り際立つ(講座ものの中の一本としては,そのような性質が見えづらかったと思う)。

朝鮮の近代思想 日本との比較

朝鮮の近代思想 日本との比較

 

 趙景達先生も、恩師のお一人。今まで折に触れて聞いてきたお話の他の論考もたくさん掲載されており、これから読むのが楽しみ。 

在日朝鮮人とハンセン病

在日朝鮮人とハンセン病

 

 以前発表を聞いたこともある金貴粉さんの貴重な研究の成果がようやく出版された。

僕は一度だけ、岡山県の邑久光明園に見学に行ったことがあるが、この施設も関西方面で「捕まえられた」在日コリアン患者が「送られてきた」場所だと聞いたことがある。施設内には各宗教施設があるが、これは患者の心の慰めもさることながら、「死んだとき、どの方式で葬式をして欲しいかを生前にはっきりさせるために、どこかには所属する」と聞いてショックを受けたことを思い出す。日本宗教になじみのない在日の方の多くはキリスト教に所属したそうだ。

 僕はこの方をまだ存じ上げないが、沖縄と朝鮮、という僕が気にしているエリアをまたがっている論考ならば、読まねばなるまい。

基地と聖地の沖縄史: フェンスの内で祈る人びと

基地と聖地の沖縄史: フェンスの内で祈る人びと

 

 沖縄における基地問題は今更いうまでもないが、強制的に土地を接収され、フェンスの向こうに墓を持つ人も実は多い。この本はそのような「フェンスの内側での祈り」の実態を追いかけたもののようだ。

異教の隣人

異教の隣人

 

 ある方が褒めていたので、購入。毎日新聞での連載をまとめたもの。

今年度に論文を載せた書籍のご紹介

乏しい成果ではありますが、市販されている論文集に論考を2本掲載してもらいましたので、そのご紹介です。

 

政治化する宗教,宗教化する政治 〈世界編II〉 (いま宗教に向きあう 第4巻)

政治化する宗教,宗教化する政治 〈世界編II〉 (いま宗教に向きあう 第4巻)

 

 これは東大宗教学研究室出身者を中心に編まれた論文集(全4巻)の、最終刊です。僕は「「解放」後韓国の宗教とナショナリズムキリスト教を中心として」という論考を載せました。これは戦後、大きく勢力を拡大した韓国のキリスト教についての概説です。我々はつい民主化運動の先頭に立ったり、人権問題に関与し戦ったりしたキリスト教の姿を想像してしまいますが、実はその一方で、軍事独裁政権とべったりの「反共保守」のキリスト教が政治に大きく関与してきた歴史があります(こちらの方が人数的にもマジョリティと言って良いです)。僕の論文はどちらかというと、後者にスポットを当てたものです(彼らを評する言葉はその保守派を批判するリベラル派から借りていますが)。

 

植民地帝国日本における知と権力

植民地帝国日本における知と権力

 

 こちらは、僕が数年間研究メンバーに入れてもらっていた国際日本文化研究センターの論文集(なんと1000頁弱の分厚さ!26名もの先生方の論文集ですので・・・)。朝鮮近代史専攻の松田利彦先生にお誘いいただきました。超一流の先生方(僕除く)の前で個人発表してびびっていたのも良い思い出です。

僕は「雑誌『朝鮮仏教』誌上に見る日朝仏教の葛藤―一九二〇年代後半を中心に」という論文を提出しました。『朝鮮仏教』は植民地期に朝鮮半島で発行されていた仏教雑誌で、そこで例えば日本から輸入された肉食妻帯などに関する論争が行われていました。論文ではその雑誌の興味深い記事をいくつか取り上げつつ、朝鮮総督府の宗教(対仏教)政策、「日本的仏教」の流入、朝鮮仏教の近代化などについての見取り図を描いたつもりです。

 

ご興味のある方は手に取っていただければ幸いです(後者は値段が高すぎるので、図書館にリクエストしていただければ、と思いますが)。

年度末に

あっという間に年度末に近づきつつあるので、なんとなく気が急いて、本をまとめ買い。 

 北田君の新刊(出たのは去年だが)。僕などにはあまり理解できるか自信がないが、やはり買う。 

 このところ「戦争のトラウマ」ということをよく考えているので(それで講義をやったこともある)。これは買いそびれていた。 

忘却の引揚げ史《泉靖一と二日市保養所》

忘却の引揚げ史《泉靖一と二日市保養所》

 

 泉靖一は早世したこともあり、近年はあまり言及されなくなっているが、やはり僕のように植民地朝鮮および戦後の学問を考える上でのキーパーソンの一人。これは学問論というより、泉が戦後関わった「二日市保養所」という施設(満洲などで暴行を受けた引き上げ女性の中絶および治療施設)にスポットを当てたもののようだが。 

天皇はいかに受け継がれたか: 天皇の身体と皇位継承

天皇はいかに受け継がれたか: 天皇の身体と皇位継承

 

 時宜を得た出版、と申し上げても良いだろうか。知り合いの河西秀哉さんたちが関わっているので。 

大政翼賛会のメディアミックス:「翼賛一家」と参加するファシズム

大政翼賛会のメディアミックス:「翼賛一家」と参加するファシズム

 

 大塚さんの本は久々に買った気がする(オタク論に関して以外)。戦時中のプロパガンダを考察したもの。 

霊能者列伝

霊能者列伝

 

 これは1929年出された一種の「新宗教教祖列伝」を復刻したもの。解説は川村邦光先生。 

僕みたいな研究者は、買わざるを得ないですよね、この手のものは。後書きを見て意外な先生の協力があったことに驚いた。 

 

 原発問題を扱った新書も。 

この鴻巣さんが解説をした Eテレの「100分de名著」が面白かったので。彼女の訳した『風と共に去りぬ』も買いました。

 実は僕は、久米小百合さん(久保田早紀)の大ファンで、彼女のアルバムは全部持っている。この自伝も速攻で購入。今回読んで驚いたのはクリスチャンのミュージシャンの集まりの話と、久米さんの叔父さんが中世文学の大御所、久保田淳先生ということ。 

 「杉田さん、ちょっと深読みのしすぎ(笑)」という部分も多いが、面白いインタビューおよび作品解説。安彦先生の作品って、実は繰り返し現れるモチーフがあるんだよね。 

ユダヤ人とユダヤ教 (岩波新書 新赤版 1755)

ユダヤ人とユダヤ教 (岩波新書 新赤版 1755)

 

 恩師の一人である市川先生の新書。ユダヤ教独特の固有名詞が結構錯綜するが、読み応えあり。

酔いに任せて

先日、丸善京都本店で、知り合いがしゃべるトークイベントがあり、それにお邪魔し、打ち上げにも参加。飲み始めたのが早かったので、打ち上げが終わった後、まだその丸善が開いていたので、酔い覚ましも兼ねて戻って、買い込んだのが以下の書籍。これで僕の今年度予算はほぼ使い切ったな・・・。 

カトリック信徒の移動とコミュニティの形成 ─潜伏キリシタンの二百年

カトリック信徒の移動とコミュニティの形成 ─潜伏キリシタンの二百年

 

 この先生は以前も長崎のカトリック信者に関する本『「山の教会」・「海の教会」の誕生 ─長崎カトリック信徒の移住とコミュニティ形成─』を出していたが、その続編、というかそのルーツの潜伏キリシタン研究のようで、面白そう。 

 今、ゼミ生でこの手の研究をやりたがっているのがいるし、僕自身も興味があるので購入。 

軍事独裁政権時代の日韓連帯を知りたくて。 

植民地・朝鮮における雑誌『国民文学』

植民地・朝鮮における雑誌『国民文学』

 

 植民地時代の文学って、全然知らないので。 

植民地遊廓: 日本の軍隊と朝鮮半島

植民地遊廓: 日本の軍隊と朝鮮半島

 

 知り合いでもある金富子さんの貴重な研究。遊郭など公娼制度や従軍慰安婦問題に興味を持つ学生も多いし。 

 朝鮮人クリスチャンかつ知識人の代表格であった尹致昊の研究。これは僕としては見逃せない研究だなあ。

鈴木祥子「LATE NOVEMBER “KOBE”MEETINGS ~あなたにとってロックンロールとは何ですか?」@Chicken George

f:id:t-kawase:20181201012944j:plain

何と二週連続、敬愛するシンガーソングライター鈴木祥子さんのライブを神戸に見に行くというレア体験をしてしまいました。盆と正月が一緒に、という表現も追いつかないほどの嬉しさ。先週は一人でのピアノ弾き語りでしたが、今回は、強力すぎるバンドでのライブ。メンバーは

Drums.Lead Vocal / 鈴木祥子

Guitar / 菅原弘明

Bass / 名村武

Drums / 矢部浩志

Keyboards / Dr.kyOn

という布陣。夏のライブツアーもこの面々で、最高の音を聞かせてくれました。舞台では向かって左から菅原さん、Dr.kyOnさん、祥子さん、矢部さん、名村さんという並び。いつものように以下ではセットリストと簡単な感想を添えて書いていきます。曲の後ろに楽器が書いてあるのは、祥子さんがヴォーカルだけではなく、楽器を持ったことを現しています。

1)#7 SHUFFLE

1曲目に、不穏な感じのこの曲を持ってきたところからして「ロックンロール」だと思いました。まあ、このバンドの面々で作ったアルバム『Snapshots』に入っている曲で、今回はそのあたりのアルバムからの選曲が多いかな、と予想していましたが、この曲は予想外。

2)Frederick

あのPatti Smithのカヴァーですね。この曲、原曲を知らない時から聞いていて、そのかっこよさにいつも感動してしまいます。

3)25歳の女は

この曲では、後ろに置いていた「トラメガ」を使いました。僕、祥子さんがこの道具を使うの見るのはもしかして初めてか?

4)光の駅(Acoustic Guitar)

祥子さんのギタリスト姿も、よく考えると久々かも。この曲が終わると「ここからはロックンロールの時間です(笑)」え、今までも結構ロックだと思っていたんですが、もっと「原点回帰」「ギアを上げていく」って意味として我々は理解しました。「私、エルヴィス・プレスリーの映像をDVDで見ていたら、彼は左足でリズムを取っているんですよね。(それを真似して)左足でリズムを取ると、自然に上半身が動いて来るんです。心臓が左だからかな。こういうのを本能的に知っていた彼はやっぱりすごいなあ、と思いました(大意)」というMCを挟んで行われたのが、

5)Treat Me Nice


Elvis Presley - Treat Me Nice

でした。その後もアメリカの「古き良きロックンロール」「ポップス」を復習するような感じで、次は祥子さんが多重録音で作った「Sindee & Forestones」という架空バンドで歌った

6)Lucky Lips

でした。


Lucky Lips - Cliff Richard

7)そして、神戸

いくら神戸のライブだからといっても、この選曲には驚愕。前川清ですよ。出も、矢部さんのドラムを始め、何か「ロック」なんだよなあ、このメンバーでやっちゃうと。


そして神戸 / 前川 清

8)Trouble

これもエルヴィスの曲ですね。


Elvis Presley - Trouble

9)Desperado(Key, solo)

ここで一旦バンドメンバーは一旦退場し、祥子さん一人に。「デビュー前に、デモテープにこの曲を吹き込んだんですよね」といってキーボードを弾きつつ始められたのがこのThe Eaglesの曲でした。そういえば、大昔、Carpentersのヴァージョンも聞いたことあったっけな。

10)Happiness?(Dr)

Drの矢部さん以外のメンバーが戻ってきて、ここから2曲はドラマー祥子さんの「叩き語り」。「実は先週のライブの時訊いたら、この曲が好きだという人が結構いたんですよね。一時期縁起が悪いと歌うのを避けてきた曲ですが(笑)」と「一週間越しのリクエスト」に応えてくださった祥子さん。

11)黒い夜(Dr)

これまた、先週リクエストで上がった曲。しっかりハードにバンド形式でやってくださり感動しちゃいました。この「嫉妬深い女の歌(祥子さん)」、結構好きな男子が何故か多いです(僕もその一人)。

12)Get Back

「都会に疲れ、故郷(田舎)に戻る女性」を歌った歌、とのこと。

13)ラジオのように

14)Baby, it's you

15)Love Child

16)Sweet Drops

17)Good Old Dusty Road

たたみかけるようにこれらの曲が演奏されました。「Good Old Dusty Road」に関しては「これは足並みの揃わない行進(みんなが一人一人歩いて行く、ということでしょう)」という発言が記憶に残りました。本編はここまでで、以下はアンコールです。

 

en1)日記(guest:松浦善博)

祥子さんはスカジャンを着て再登場(すぐ脱いじゃいましたが)。ここで、スライドギターの第一人者である松浦善博さんがゲストとして参加(金色に輝くレスポールでした)。松浦さん、『私小説』のレコーディングに参加しているんですね。僕は知らなかったのですが、元ツイストのメンバーで、バービーボーイズのディレクターとかもやっていたそうですね(ググりました)。この曲、バンドで演奏することこんなになるのかという驚きがありました。

en2)そしてなお永遠に(Key, solo)

一旦全員が引っ込み、ダブルアンコール。すると祥子さんだけが出てきて、「何かリクエストは?」というと、即座に何名かから声が上がりましたが、採用されたのは、僕のライブ友だちのりゅうさん(仮名)のリクエストの「そしてなお永遠に」が採用され、この骨太な曲で幕。「Thank you Kobe! 本当にありがとうございました」と最後メガホンを使っての挨拶でした。

その後は、今日発売されたLive Album『Syk30/721』(祥子さん曰く「機械で直していません!長すぎるMCを削ったくらいです」とのこと)を買ったりしてライブ仲間と談笑していたら、祥子さんが現れ、祥子さんのiPadで集合写真が撮られることになりました(僕も映っています)。

 

 

  2週連続でこんなに楽しくて、罰が当たるんじゃないかと思いつつも、ライブ仲間と終演後軽く飲み、終電で帰宅しました。電車の中で聴いていたのは、浜田省吾さんの「恋は魔法さ」という曲。これは震災の神戸への応援歌で、「神戸ガール」の声を祥子さんが担当しています。

祥子さん、そしてバンドメンバーの皆さん、改めてありがとうございました。