美徳の不幸 part 2

Pity is akin to love.

今日も色々

ストレス解消の買い物、と言うのは良くある話だが、僕は本やCDで済ませる方だから、長期的に見れば「安上がりな男」だろうなと思う。てなわけで、今日はストレス解消の買い物です(本オンリー)。

のだめカンタービレ(24) (KC KISS)

のだめカンタービレ(24) (KC KISS)

今回はオペラかぁ。毎回思うけど、この作品のすごいところは、僕みたいにクラシックの知識も素養もないものが読んでも面白く感じさせる演出の力だよな(と、今回峰君の「演出」の物語なので、改めてそう思った)。
戦後エロマンガ史

戦後エロマンガ史

米沢さんの絶筆。図版も多くて、これは凄い、と唸る。朝日新聞の書評で気になったので。俺と同い年なんだ、慎さん。
かかと

かかと

これも朝日の書評欄に載っていたので。多江様はいわゆる「薄幸系美人」の頂点に君臨されているお方だが(僕を含め、相当にこの手の美人の愛好者は多い)、この本、もっと多江様の写真を散りばめれば・・・と悔やまれてならない(笑)。ヴィジュアルに頼らない、そのストイックなところを尊重するべきなのだろうけどさ。